白髪を抜くと本当に白髪は増えるのだろうか?

白髪を抜いた本当に増えるのか?

白髪を気にし始めたころ、出てきた1本、2本の白髪を抜いていたら、「白髪を抜いたら、逆に白髪が増えるよ」と注意されたことないですか?

 

1本2本の白髪だと染めるほどじゃないし、ついつい抜いてしまいます。でも、抜くことによって白髪を増やしたら嫌ですよね?

 

今回は、「白髪を抜くと白髪が増える」の真相を探ってみましょう!

 

いったん、白髪が生えた毛穴からは、白髪しか生えない!

白髪が生えてきた毛穴の細胞の中のメラノサイトの働きが衰えてきています。メラノサイトは髪の毛に色を付ける働きをします。つまり、いったん白髪が生えた毛穴からは、黒髪は生えません!

 

黒髪も白髪も生える毛穴から白髪が生えたのではなく、一度白髪が生えれば、その後に黒髪は生えないということです。

 

白髪を抜くことはどんな影響をもたらすのでしょう?たしかに、1本突き出た白髪を抜いてしまったら白髪はなくなりますが、それはあくまでその時だけのことです。

 

白髪は抜かないで!

結局、「いったん白髪が生えた毛穴からは白髪しか出てこないのなら、抜いてしまったほうがいいんじゃない?」と思うかもしれません。でも、待ってください!

 

白髪を抜くことは、頭皮に与える影響や、薄毛や抜け毛のことを考えると、決しておすすめできることではありません。というより、やめるべきです!

 

髪の毛を抜くというのは、白髪だけに限らず、頭皮にとって相当なダメージになります。元気に生えている毛を無理やり、力任せに抜くのですから。ひどい場合は、抜いた後が炎症を起こすことだってあります。その毛穴だけでなく、頭皮全体にトラブルが広がることだってあります。

 

毛を抜くことを簡単に考えているようですが、毛を抜くことを繰り返すと、その毛根からは毛が生えてこなくなります。一つの毛根からは、複数の毛が生えていますが、毛を抜くことによってその毛根をダメにします。1本ぐらい、たった2本と思うかもしれませんが、髪の毛全体のボリュームが減ってしまいます。白髪を目立たなくするためだったはずなのに、薄毛や抜け毛の原因になってしまったら、悲しいですね。

 

生えてきた白髪はどうすればいいの?

白髪を抜くことはダメだということはよくわかっていただけたと思います。
「でも、目立つ白髪どうすればいいの?」というあなたの疑問への答えは、いたって簡単です。

 

根元ギリギリでカットすること!
染めること!

 

この二つに尽きます。

 

抜くことは、毛根や頭皮全体にダメージを与えます。根元ギリギリでカットすれば、白髪がなくなることはないですが、毛根にダメージは与えません。それはとても大切なことです。

 

特に、加齢による白髪の場合、白髪対策だけでなく、薄毛や抜け毛も同時に心配しなければなりません。毛穴を傷つけて、毛が生えてこなくなるのは避けなければなりません。

 

カットするのは、あくまで本数が少ない場合の一時的なものと考えましょう。もし、白髪の量が多くなったら、カットすると髪の毛のボリュームも減りますし、ヘアスタイルのバランスもおかしくなります。白髪の量が多ければ、染めるのが一番です。

 

まとめ

白髪はどうしてあんなに目立つのでしょう?たとえ1本だけでも、ぴんと突き出て、存在をアピールします。その数が増えてくると、なおさらです。

 

抜いてなかったことにしたくなる気持ちはすごくわかりますが、髪の毛全体、頭皮のことを考えると、抜いてはダメです!

 

白髪もあなたの大切な毛です。抜かないで、上手に付き合いましょう。

 

白髪を目立たなくする方法は、いろいろあります。あなたにぴったりで、頭皮にもダメージが少ない方法がありますから、それで対処するといいでしょう。

 

⇒綺麗に染まる!白髪染めランキングはこちら