白髪染めの副作用とは?知っていて損はないこと

白髪染めの副作用について説明します

白髪染め副作用
白髪染めの説明書には、「お肌に合わないことがあります。そんな場合は、直ちに使用を止めてください。」との注意が書いてあります。

 

実際、白髪染めだけでなくヘアカラー製品は、強い刺激や刺激臭があります。いかにも強い化学成分が使われているんだろうなと想像できます。
白髪染めはかぶれるので使えないという人が、周りにいます。長期間使っても大丈夫なんでしょうか?

 

白髪染めの主な副作用と原因

白髪染めが引き起こす副作用には、以下の3つのものが考えられます。

  1. かぶれ
  2. アレルギー症状、重篤な場合は、アナフィラキシーショックを引き起こすことも。
  3. (長期間の使用で)再生不良性貧血

 

「ええ、そんなものまで起こるの?」って不安になったかもしれませんが、注意点を説明しますので、よくお読みになってくださいね。

 

3つの副作用のうち、かぶれがもっとも起こりやすいです。
白髪染めの薬剤によって、頭皮が刺激を受け、頭皮が赤くなったり、かゆくなったり、腫れたりします。

 

このことを引き起こすのは、白髪染めの薬剤に含まれる「ジアミン」という薬品です。
ジアミンは、強力な作用を持っています。また、薬剤を付けてすぐかぶれるというより、しばらくたってから発症することが多いです。時間が経ってからかゆくなったら、かぶれを疑ってください。

 

重症化することもあります。

 

一度ジアミンにかぶれると、その後ジアミンが含まれる白髪染めは使えません。ご注意ください。もし、症状が出ているのに「まっ、いいか」と使い続けると、アレルギー症状が全身に広がる可能性もありますから注意が必要です。

 

アレルギー症状、特にアナフィラキシーショック

 

かぶれは、白髪染め後、何時間か後に起こりますが、アナフィラキシーショックは即座に起こります。

 

蕁麻疹などの発疹が出ます。息切れ、動悸から、ひどくなると呼吸困難、血圧低下などが起こります。白髪染めぐらいでと油断していると、重症化することもあります。

 

白髪染めによるアレルギーは、肌に直接つけなくても、気化したものでも症状を引き起こすことがあります。特に、アレルギー傾向のあるお子さんにはご注意ください。

 

ママが毛染めをしている近くに来ただけで症状が出ることもあります。

 

長期間の使用で、再生不良性貧血という難病になることも

再生不良性貧血っていう病名は聞いたことがありますか?難病指定されている病気です。骨髄が機能低下し、造血機能が衰える厄介な病気です。そのままにしておくと、白血病になることもあります。

 

長期の白髪染め使用でなることもありますが、白髪染めを止めると改善することもあります。

 

目に見えるかぶれやアレルギー症状がないからと油断していると、先で大変なことになることもありますから、おかしいなと思ったら、即座に止めましょう。

 

白髪染めの副作用を避けるには?

「白髪染めって、何気なくしていたけど、実は怖いのね?」って思いましたか?「でも、染めないわけにはいかないのに、どうすればいいの?」
答えは、簡単です!副作用を起こしにくい白髪染めを使えばいいのです!

 

ヘアカラーは、色持ちはいいけれど、副作用のリスクが高いです。

 

副作用を起こしにくいのがヘアカラートリートメントです。もちろん、染まりにくいなどのデメリットがありますが、安全性を重視したいなら、ヘアカラートリートメントがおすすめです。

 

ヘアマニキュアもヘアカラーに比べると副作用は起きにくいです。色持ちと毒性は比例していると考えられそうです。

 

⇒副作用が心配なあなたにおすすめの白髪染めトリートメントはこちら

 

まとめ

白髪染めの副作用は、起こる人と起こらない人がいます。また、むやみに心配しすぎる必要もないですが、油断も禁物です。

 

初めて使うときには、パッチテストは必ず行いましょう。

 

白髪染めのリスクを理解したうえで、上手に使いこなしましょう。