白髪染めなら美容院とセルフのどちらがいい?

美容院と自分でやるときの違いは?

「白髪を目立たなくしたい!もう、染めるしかない!」となった時、あなたはどうしますか?

 

あなたは美容院派?それともセルフ染め派?

 

美容院で染めるとさすがプロ!きれいに染まります。でも、「毎月だとお金が大変だし、時間もかかるから、毎月美容院で染めるのは無理!」と思っている方も多いです。

 

逆に、「自宅で染めてみたけど、うまく染められないし、風呂場は汚れるし、肌も毛も傷むし・・」とセルフ染めにうんざりしている人も多いです。

 

果たして、どちらがいいのでしょう?それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

美容院で白髪染めをするメリット・デメリット

美容院で白髪染めするメリットは、その仕上がりの美しさです。なにしろ、プロですから!

 

プロというのは、染め上がりのきれいさだけでなく、カラーの決め方、カラー剤の選択の仕方も含んでいます。

 

美容師は、ヘアに関するプロですから、任せて安心です。豊富なカラーバリエーションの中から、好みを聞きつつ、顔や肌の色、年齢など総合的に判断して、適切なカラーを選択してくれます。

 

薬剤の塗り方も、さすがにプロの手技です。自分ですると、後頭部などは見えないので適当になって、塗れていないところができたりしますが、美容師ならそんなことは絶対にありえません。

 

髪質や髪の量に合わせて放置時間も調節してくれるので、最適な染め具合になります。ロングヘアやパーマがかかっている髪の毛でもきれいな仕上がりになります。

 

美容室のカラー剤は、市販のものより質がいいので、肌が弱い方にはいいかもしれません。

 

美容院で白髪染めをする最大のデメリットは、費用です。自分で染めるときの数倍、美容室によっては10倍かかるかもしれません。また、美容院で毛染めをすると時間が相当かかります。

 

また、美容院で染めてもらうほどの量じゃないということもあるでしょう。

 

セルフで白髪染めをするメリット・デメリット

セルフ染の最大のメリットは、そのお手軽さです。どんなドラッグストアにも、白髪染めのコーナーがあって、さまざまな白髪染めが並んでいます。自分の好みに合ったものを選んで持って帰れば、即染められます。

 

自分のタイミングで、自分の染めたいところだけ染めることができるのもうれしいポイントです。

 

市販の白髪染めの価格は、リーズナブルな中にも安いものからそれなりの値段がするものまでありますが、あなたの予算に合わせて買うことができます。

 

セルフの白髪染めのデメリットには、きれいに染まらない、安全性や副作用、後片付けの大変さなどがあります。

 

ヘアカラーの薬剤が肌に合わず、肌荒れやかぶれを起こすこともあります。ひどい時にはアレルギーを発症することもあります。

 

自分で染めると、後頭部など自分では見えないところがきれいに染まらず、染め残したりすることもデメリットになります。慣れるまでは大変です。

 

カラー後の洗髪でお風呂が汚れたとか、バスタオルの汚れが取れないなども気になりますね。染めている間の姿は誰にも見られたくないというのも、女心です。

 

まとめ

美容院で白髪染めをする方法と、自分で染めるセルフ染めを比べてみました。どちらも一長一短がありましたね。

 

どちらにするか決めかねているなら、3番目の方法をご紹介しましょう。「3番目の方法って何?」って思うでしょう?

 

それは、「併用する」です。つまり、美容院染めとセルフ染めをあなたのタイミングで使い分ける方法です。

 

何か月かに1回は美容院で染め、生え際や染めムラが気になりだしたら、その都度セルフで染めます。それぞれのいいとこどりをするわけです。

 

費用も時間も節約できますし、何かあったら、美容院にいろいろ相談にも乗ってもらえます。

 

どちらか一方に決めないで、臨機応変使い分けるといいと思います。

 

⇒綺麗に染まる!白髪染めランキングはこちら